コピーライティング

◆読まれるブログの作り方。3秒の壁を突破せよ

こんにちは。ちゃんびです。
いつもありがとうございます。

 

 

今日は実践編ということで、
記事が読まれるための最大の壁をご紹介したいとおもいます。

 

 

タイトルで心をつかめ!

 

投稿された記事を読むときに、つかみが8割だといわれています。
その投稿はこちらに記載しておりますので、ぜひ読んでみてください。

 

あなたのブログ記事は読まれていない!魅力的なタイトルの書き方

 

 

さて、せっかくブログに訪問してもらっても、
読んでもらわないと意味がありません。

 

タイトルがよくても、内容がよくなければ、興味をもたなければ、
3秒以内に閉じてしまうという事実・・・・

 

意外に読まないんですね。

 

でもでも・・・自分に当てはめてみればよくわかります。

 

たとえば、
新聞にはいっている折込チラシ。あなたは3秒読みます?
タイトルを見て3秒以内に捨てます。

 

私は、パチンコのチラシは見ません。
すぐに捨てます。興味ないもん。

 

そして、ちょっとだけ興味をもったものは見ます。
今日の夕食は何を作ろうって思ったら、
スーパーのチラシを眺めます。

 

でも、目当てのものが無い限り。もしくは
相当やすいものが無い限りそんなに見ません。

 

 

そうですよね。
自分とは関係のないものは見ませんよね。
今日はお味噌がなかったな。と思ったら、スーパーのチラシでも
「お肉が安い!」というチラシであれば、あまり見ません。
読み流し?

 

 

自分で見ることを考えればわかるのですが、なぜか記事を書く側になると
そのことを忘れがちになります。

 

『読む人ありき』
『読み手の気持ちになって』

 

いつでも、忘れないようにしたいです(←自分に言い聞かせている)

 

 

3秒の壁を突破するポイント

 

  1. ・タイトルどおりの面白い記事になっているか

  もちろん、タイトルどおりの期待にこたえないといけません。
  読まれる記事になるように、1記事1000文字突破を目指すようにしましょう

 

  1. ・読んで役立つ記事、もしくはおもしろいか

  タイトルに反応して訪問しているので、ためになるに加え、面白いともっといいですね。
  漫画とか、イラストがあるといいし、
  さらに、本人の体験談やエピソードがあると、面白いと思います。

 

  1. ・読みやすいか

  人は意外と読んでくれない。という意識をもって書くことが重要です。
  改行を適度にいれたり、文字の装飾を加えたりして
  読んでいる人が読みやすい書き方にするように工夫するといいですね。

 

  1. ・どんどん提示する

  ずっと言い続ける
  つまりは面白い記事を100個あつめたら、どんどん読みたくなるし
  次の記事も読んでみようかな。って思う。ってことですね。

 

 

これからは、もっともっと読んでいる人のこと
読みたい!と思ってもらえるブログにしよう
人は思っていたより読んでくれない。という意識をもってブログを書くように努めよう

 

 

 

 

役に立ちましたか?

 

「私はこんなこと意識してますよ」
とか
「読んで○○がとても参考になった」
などなど。

 

 

 

コメントいただけたらうれしいです。

 

 

ではでは。


関連ページ

◆コピーライティング力をアップするための3つのコツ
アクセスアップする文章の書き方
あなたのブログ記事は読まれていない!魅力的なタイトルの書き方
アクセスアップする文章の書き方

 
トップページ 目次 自己紹介 音声セミナー♪ 無料だけど有料級の情報